ビジネス著作権検定 本試験問題

問題 (2017年10月21日)

出版社Aは、著作権法についての著名な法学者Xの功績を称えるための一環として、論文集を発行しようと企画した。そこで、出版社Aは、法学者Xの教え子の一人である弁護士Bにその論文集に収録される論文の執筆を依頼した。弁護士Bは論文を作成することを承諾した上で、論文を作成した。しかし、弁護士Bが執筆した論文には各学説の関係を示すための図が必要となり、出版社Aの従業員である編集担当者Cが、弁護士Bを補助してその図を作成した。さらに、出版社Aは論文集の表紙のデザインをデザイナーDに依頼し、デザイナーDはその表紙デザインYを完成させた。

最終的に、出版社Aは、それらの論文を各学説に分類し、各学説との違いが明確になるように配置し、表紙にデザインYを使用して、法学者Xを称える記念論文集を出版した。

この事例において、著作者となり得る組み合わせとして最も適切なものはどれか。
なお、この事例において、出版社Aと弁護士Bを含む各執筆者およびデザイナーDとの間には、雇用関係はないものとする。

× 不正解です

Copyright(C) 2011-2017 Certify Inc. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
RSSフィード
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -