ビジネス著作権検定 本試験問題

問題 (2018年1月19日)

次の記述のうち、不適切と考えられるものの組み合わせはどれか。

1.著作権侵害訴訟において、著作権を侵害した者に対し、その著作権の行使につき受けるべき金銭の額に相当する額を請求した場合に、それ以上の額を請求することはできない。

2.著作権侵害訴訟において、損害が生じたことが認められる場合において、損害額を立証するために必要な事実を立証することが困難であるときは、裁判所は、口頭弁論の全趣旨および証拠調べの結果にもとづき、相当な損害額を認定することができる。

3.著作者人格権侵害訴訟において、著作者は、侵害の行為によって作成されたものとして主張するものの具体的態様を明らかにしなければならない。

× 不正解です

Copyright(C) 2011-2018 Certify Inc. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
RSSフィード
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -