CompTIA Project+

問題 (2019年3月19日)

現在プロジェクトでは、PERTにより、アクティビティの所要期間見積りを行っています。クリティカル・パス上の作業の所要期間見積りは、最頻値で63日、悲観値で74日、楽観値で50日です。標準偏差は次のうちどれですか。

× 不正解です

【解説】 PERTでは、所要期間見積りの期待値や標準偏差の計算に三点見積りを使用します。
期待値は、最頻値、楽観値、悲観値の加重平均を用いて、次のように計算します。
期待値=(楽観値+4×最頻値+悲観値)/6
また、標準偏差は次のように計算します。
標準偏差=(悲観値-楽観値)/6
問題の条件では、悲観値は74日、楽観値は50日ですから、式に代入すると次のようになります。
標準偏差=(74-50)/6=4 
以上により、4日が正解になります。

Copyright(c) 1996-2019 TAC Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -