CompTIA Project+

問題 (2017年12月16日)

デシジョンツリー分析により、ある局面で、選択肢1と選択肢2の2通りの選択肢があることが分かりました。選択肢1を選んだ場合、状況が好転する確率が20%でその際得られる利得が$50000、状況が悪化する確率が80%でその際得られる利得がマイナス$10000です。一方、選択肢2を選んだ場合、状況が好転する確率が70%でその際得られる利得が$10000、状況が悪化する確率が30%でその際得られる利得がマイナス$20000となります。この状況の判断として適切なものはどれですか。

× 不正解です

【解説】 期待金額価値は、発生確率×結果額の総和で計算することができます。
選択肢1の場合、$50000×20%−$10000×80%=$10000−$8000=$2000の期待金額価値があります。
一方、選択肢2の場合、$10000×70%−$20000×30%=$7000−$6000=$1000の期待金額価値となります。
したがって、選択肢1を選んだほうが選択肢2を選ぶよりも期待金額価値が大きく、有利な選択になります。

Copyright(c) 1996-2017 TAC Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
RSSフィード
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -