情報処理技術者試験 高度共通午前I

問題 (2018年6月6日)

ITサービスマネジメントのフレームワークであるITIL(Information Technology Infrastructure Library)におけるITサービス継続性管理の目的はどれか。<19年AE問28>

○ 1. 正解です!

【解説】 ITサービスマネジメントとは、事業上の要求事項を満たすために、経営陣の責任の下で、ITを利用したサービスマネジメントプロセスの計画、実施、点検、処置というPDCAサイクルを繰り返すことをいう。ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、ITサービスマネジメントを実践するためのサービスマネジメントプロセスのベストプラクティス集を7冊の書籍構成によって提供するフレームワークのことである。具体的には、サービスマネジメント導入計画の立案、ICTインフラストラクチャ管理、セキュリティ管理、アプリケーション管理、事業の展望、サービスサポート、サービスデリバリである。この7冊の書籍のうち、サービスサポートとサービスデリバリがサービスマネジメントプロセスの中核カテゴリとして位置付けられている。サービスサポートは、サービスデスク、インシデント管理、問題管理、構成管理、変更管理、リリース管理と呼ばれるサービスマネジメントプロセスで構成されている。サービスデリバリは、サービスレベル管理、キャパシティ管理、ITサービス継続性管理、可用性管理、ITサービス財務管理と呼ばれるサービスマネジメントプロセスで構成されている。

2:サービスサポートにおけるインシデント管理の目的に関する記述である。
3:サービスデリバリの可用性管理の目的に関する記述である。
4:サービスサポートの問題管理における問題対応に関する記述である。

Copyright(c) 1996-2019 TAC Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -