情報処理技術者試験 高度共通午前I

問題 (2018年6月14日)

データ入力の重複を発見し、修正するのに有効な内部統制手続はどれか。<17年SU問34>

○ 2. 正解です!

【解説】 データ入力の重複や漏れを発見して修正するためには、取引記録と入力データの照合を行って、1対1に対応することを確認すればよい。取引記録と入力データが1対多であれば重複入力しており、取引記録があるのに入力データがなければ入力漏れであることが分かる。

1:ドキュメンテーションの完備は、保守性の向上に役立つ。
3:入力時のフィールド検査は、フールプルーフの実現に役立つ。
4:バックアップリカバリ手順の確立は、信頼性の向上に役立つ。

Copyright(c) 1996-2019 TAC Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -