MCP(マイクロソフト認定技術資格制度)

問題 (2017年9月11日)

DNSサーバのない単一サブネット環境で、Windows Server 2008をワークグループで使いたいと考えています。クライアントにはWindows Vistaを利用します。Windows Server 2008のファイル共有を利用するための適切な名前解決を行うには、どのような構成をすればよいでしょうか。最も簡単な実装を1つ選んでください。ただし、IPv4およびIPv6の両方で利用するものとします。<試験番号:70−642>

○ 4. 正解です!

【解説】 Windows Vista および Windows Server 2008 には、LLMNR (Link Local Multicast Name Resolution) と呼ばれるプロトコルが実装されています。これはDNSサーバのない1つのサブネット上で互いの名前の解決を行うためのプロトコルで、「ネットワーク探索」を有効にすることで利用できるようになります。LLMNRはマルチキャストを使用し、IPv6およびIPv4で利用できます。

IPv4では、従来のNetBIOSブロードキャストも利用できますが、IPv6ではブロードキャストは定義されていません。またWINSを含むNetBIOSの機能はIPv6では機能しません。

Computer Browserサービスは名前解決のためのサービスではなく、コンピュータ名の一覧を取得するサービスです。

(C)2001-2018 Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -