@IT自分戦略研究所 - スキルとキャリアをじっくり考えたいITエンジニアのために @IT@IT情報マネジメント@IT MONOist@IT自分戦略研究所JOB@ITITmediaTechTarget
@IT > PR:どう学ぶ? VB.NET 〜マイクロソフト新資格MCADを有効活用〜
自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |
 
企画:アットマーク・アイティ 人財局

 

 マイクロソフトが提唱する次世代情報環境「Microsoft .NET」に対応した開発環境であるVisual Studio .NET(以下VS.NET)が2002年3月に発表されてから、早くも半年以上がたった。Microsoft .NET技術者向けとして開始された@IT/Insider.NETフォーラムの会議室においても、このVS.NETの発売を境にして、活発な意見交換がなされるようになってきた。

 最初のうちは、WebサービスやASP.NETを使ったWebアプリケーション開発の可能性に関するものなど、どちらかというと新しい環境を遠くから眺めるといった感じの質問が多かった。しかし日がたつにつれて、より具体的かつ深いプログラミング上の質疑応答や、意見交換などが活発化している。いよいよ机上の空論ではなく、.NET技術を応用した実際の導入案件が動き始めている証拠だろう。

 今後.NET技術を応用した実際の導入案件はますます増え、いずれWindowsベースの開発環境はVB.NETを始めとしたVS.NETに収れんされていくだろう。実際に開発を担うエンジニアもそのトレンドに対応しなければならない。特に最も層の厚いVBプログラマにとって、現業をこなしつつ、.NETに対応したソフトウェア開発を効率よく習得するにはどうしたらいいのだろうか?

 VB 6.0までのVBは、基本的にVBだけの世界で閉じていたが、新しいVB.NETは、C/C++言語や新しいC#言語ともまったく対等な位置付けの言語処理系に拡張された(異なる言語間でのクラス継承なども可能)。しかしその代わり、VB.NETの特徴を本当の意味で生かすには、オブジェクト指向の概念や、新しい.NET Frameworkクラス・ライブラリ、Webアプリケーション/Webサービスにまつわる新しい技術を学習しなければならない。.NETは気になっていながらも、現業が忙しいので、新しい環境への移行は取りあえず後回し、というプログラマが少なくないのが現状のようだ。

 そこで、今回VBエンジニアが効率よくVS.NET環境、中でもVB.NETを習得する方法について、NEC Eラーニング事業部でVB.NETのトレーナーを務め、雑誌著書も多数ある山崎 明子さんにお話を伺った。

マイナスの先入観を払拭して、まずはVB.NETを体感してほしい

NEC(NECソリューションズ Eラーニング事業部
主任 山崎 明子氏

MS CTEC(マイクロソフト認定技術教育センター)のトレーナーとして、社内・外向けのコース開発と講師を担当。2000年度マイクロソフト認定トレーナー・アワード受賞。受講者の方に「よく分かった!」といっていただけることを一番の喜びに感じている。TechEdやMSCなどのカンファレンスでCOM/COM+、Visual Basic .NETへの移行、ADO.NETに関する講演も行う。
著書に『C#プログラミングマニュアル』『Visual Basic .NETプログラミングマニュアル』(ともに共著、技術評論社刊)、『Visual Basic .NET移行ガイド〜やっぱりVBが好き〜』がある。現在、雑誌「.netテクノロジー」(インプレス刊)で、『徹底 Visual Basic .NET』を連載中。

――VB 6プログラマのVB.NETへの移行がスムースに進んでいないという意見があります。
山崎:セミナーを担当して感じるのは、「Microsoft .NET=意味不明=難しい」という先入観にとらわれている方が少なくないということです。新しいものですから、ある程度は仕方ないのですが、VB 6とVB.NETの変更点ばかりが強調されるために、移行は大変だと感じてしまうようです。ですが実際にセミナーでVB.NETに触れていただくと、「これなら便利に使えそうだ」と反応される方がほとんどです。本格的にVB.NETを使いこなすとなれば、学ぶことは多々あるわけですが、まずは大変使いやすく、生産性も高くなったVB.NETの開発環境に触れてもらいたいですね。一度使ったら元には戻れません。

――以前のVB 6は使いにくかったのでしょうか?
山崎:いいえ。これまで、私自身もVB 6は100点満点だと思って使ってきました。けれどもVB.NETを使ってみたら、VB.NET は150点だった(笑)。VB 6にはもう戻れないと感じました。VB.NETにまだ触っていないという人には、まずは触ってみてもらいたい。そうすれば、VB.NETのよさは、すぐに分かってもらえると思います。

――具体的にはVB.NETの何が便利なのですか?
山崎:もちろん開発環境の使い勝手も優れていますが、何といっても.NET Frameworkです。.NET Frameworkの機能は非常に強力で、VB 6ではエレガントにできなかったことや、手間取ったことなどが本当に簡単にできるようになりました。

――しかし、VB 6からVB.NETに移行するには、あらためて学ばなければならないことも多いですね。
山崎:ええ。VB.NETでは一部文法が変更されていますし、VB.NETを本当の意味で使いこなすには、新しいクラス・ライブラリである.NET Frameworkを理解し、またオブジェクト指向プログラミング(Object Oriented Programming:OOP)を理解する必要があります。けれどもそういう違いの部分から入るのは負担が大きいので、まずは先入観を持たずにVB.NETを使い始めてもらい、壁に突き当たったら必要に応じて.NET FrameworkやOOPを学習していけばよいのです。実際、VB.NETの新機能を使わないというなら、.NET FrameworkやOOPをほとんど意識しなくても、従来のVB 6のような感覚でVB.NETを使い始めることができます。繰り返しになりますが、まずは「もっと使いやすいバージョンのVBができた」というような気軽な気持ちで使い始めてもらい、それが気に入ったら、.NET FrameworkやOOPの勉強を始めるというのがいいと思います。

――VB.NETでは、まずはOOPありき、という先入観を持っているプログラマも多いようですが。
山崎:私自身は以前にC++を使っていたので、何の違和感もなくVB.NETを使うことができました。確かに、OOPの概念を理解していると、VB.NETを使いこなすのは容易です。ですから、VB.NETのトレーニングを開発する際、第一段階として「OOPの基礎」を組み込むべきかと考えました。しかし多くのVBプログラマにとって、OOPはかなり高いハードルであることが分かったため、まずはVB.NETに触れてもらい、.NET Frameworkを使って「ほら便利」、さらにOOPを勉強すると「もっと便利」という学習フローに変更しました。

――VBプログラマとしては、.NET環境への移行を機に、C#を習得する、というパスもあると思います。
山崎:C#は新しい言語ですから、そのパスもあるでしょう。しかし個人的な感想としても、トレーニングを通じても、やはりVBプログラマにとって最もなじみやすいのはVB.NETだと思います。CやC++言語からC#に移行するにしてもハードルはあります。これは個人的な意見ですが、世界的にもプログラマ人口が圧倒的に多いVBについては、移行ハードルが最も低くなるように配慮されていると感じます。事実、ほかの.NET言語ではサポートされない機能でも、VB.NETにだけ提供されている機能が多くあります。

――まずはVB.NETを使い始めて、次に.NET FrameworkやOOPを学習するということですが、具体的な学習法はどうすればよいでしょうか?
山崎:昔と違い、いまはインターネットにせよ、書籍や雑誌などの出版物にせよ、自習に適した教材もたくさん用意されています。自分なりに目標を定めて、こうした教材を使って自習することもできます。しかし、弊社のようなマイクロソフト認定技術教育センター(MS CTEC)でのトレーニング受講を取っ掛かりにすると、エンジンをかけやすくなると思います。ただし、高機能な.NET Frameworkは、一朝一夕に語り尽くせるものではなく、トレーニングですべてを身に付けることはできません。トレーニング受講後は、ご自分で学習していただくことになります。学習に際しては、マイクロソフトの認定資格取得を目標とすると効率的です。今回、.NETプログラマを目指す方たちに向けて、MCAD(Microsoft Certified Application Developer:マイクロソフト認定アプリケーションデベロッパー)という資格が用意されました。

――MCADを含めて、認定資格取得を目標にすえて学習するメリットとは?
山崎:ひと言でいえば、体系的な知識を偏りなく身に付けやすい、ということです。独学で学習を進めると、どうしても自分が得意な所ばかりを勉強してしまうという傾向があります。特に、それが自分の業務と結びついていたりすると、業務の遂行と学習が重なって、自分が担当する分野や、得意分野にばかり目を向けてしまいます。これでは全体が見えません。けれども資格試験合格を目指して勉強するとなると、いやが上にも体系的に学習せざるを得ません。試験ではどこが出題されるか分かりませんからね(笑)。資格取得を目指して、一通り体系的な知識を身に付けた上で、自分の得意な分野を伸ばしていくのがよいと思います。

――体系的に学習できるのはけっこうですが、正直なところ、時間に追われる現場のプログラマにとっては、回り道のように感じてしまうのではないでしょうか?
山崎:そのように感じている方は少なくないようです。ですがソフトウェア開発では、自分が求めていた答えが、まったく別の所で見付かるということが往々にしてあります。目の前にある問題を解決するために、答えがありそうな部分だけ集中的に調べてみたが、なかなか答えが見付からない。そんなときに、体系的な知識を持っていれば、別のアプローチで答えを見つけ出すことができると思います。このように一見すると遠回りのように思えても、広い視野を持つことで、結果的には近道を見付けやすくなるという効果があります。

VBプログラマにとってVB.NETは大きなチャンス

 インタビューで山崎氏が述べているとおり、特定の言語処理系に依存しないプラットフォームである.NET環境では、VB.NETもC#もC/C++も、まったく対等の言語処理系として取り扱うことができる。適材適所で任意の言語処理系を使用し、最終的にそれらを組み合わせることが可能である。そして、基本的なライブラリからデータベース、Windows/Webアプリケーション、XML Webサービスまでを網羅した.NET Frameworkにより、プログラム開発の効率をあげ、生産性を高めることができる。

 しかしこれには、.NET Frameworkのクラス・ライブラリやOOPに対する理解が必要である。もちろん独学でもよいが、明確な目標を定めれば、学習のモチベーションを維持することが容易になる。この1つとして、MCADの取得を目指すのはよいアイデアである。最終的には資格が取得できるというだけでなく、体系的な学習を進め、広い視野を手に入れるために、資格取得は最も適しているからだ。

 VBプログラマは、VB.NETという未来への扉を得ることとなった。このチャンスを生かすかどうかは、エンジニアとしての今後の価値を大きく左右することになるだろう。

MCAD(Microsoft Certified Application Developer)とは

 MCADは、エンタープライズソリューションの開発チームにおいて、そのソリューションに包含される アプリケーション、コンポーネント、Webクライアント、デスクトップクライアント、バックエンドデータサービスなど部分的なコンテンツの開発、 メンテナンスを行う技術者向けの資格だ。

 資格取得試験では、VB.NETおよびVisual C#のいずれかを選択できる。合格しなければならない試験科目は3科目で、このうち2つが必須、残る1つが選択になる。

MCAD必須試験科目
 以下のいずれかの言語を選択し、そこから2科目を取得する。

必須試験科目
Visual Basic .NET
Visual C#
70-305:
Developing and Implementing Web Applications with Microsoft Visual Basic .NET and Microsoft Visual Studio .NET
または
70-306:
Developing and Implementing Windows-based Applications with Microsoft Visual Basic .NET and Microsoft Visual Studio .NET
70-315:
Developing and Implementing Web Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET
または
70-316:
Developing and Implementing Windows-based Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET
70-310:
Developing Web Services and Server Components with Microsoft Visual Basic .NET and Microsoft Visual Studio.NET
70-320:
Developing Web Services and Server Components with Microsoft Visual C# and Microsoft Visual Studio.NET

MCAD選択試験科目
 以下の科目から、1科目を取得する。

試験番号 試験名
70-229 Designing and Implementing Databases with Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
70-230 Designing and Implementing Solutions with Microsoft BizTalk Server 2000, Enterprise Edition
70-234 Designing and Implementing Solutions with Microsoft Commerce Server 2000
70-305*


70-315*
Developing and Implementing Web Applications with Microsoft Visual Basic .NET and Microsoft Visual Studio .NET
または
Developing and Implementing Web Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET
70-306*


70-316*
Developing and Implementing Windows-based Applications with Microsoft Visual Basic .NET and Microsoft Visual Studio .NET
または
Developing and Implementing Windows-based Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET
70-30570-315のどちらかを必須科目とした場合は、70-30670-316を選択科目とし、70-30670-316のどちらかを必須科目とした場合は、70-30570-315を選択科目としなければならない。

MCAD試験科目取得表
 必須試験科目、選択試験科目の選択パターンは以下のとおり。

種別
試験番号
パターン1
パターン2
パターン3
パターン4
必須科目(2科目)
70-305
70-306
70-310
70-315
70-316
70-320
選択科目(1科目)
70-305
70-306
70-315
70-316
70-229
70-230
70-234

 MCADの上位資格には、MCSD for.NET(Microsoft Certified Solution Developer for Microsoft .NET)がある。MCSD for.NETは、マイクロソフトの開発ツール、技術、プラットフォーム、Microsoft .NET Frameworkを使用して、最先端のエンタープライズソリューションを包括的に設計、開発を行う技術者向けの資格で、マイクロソフトの認定資格のうち開発系の資格においては、最高峰に位置する。

 MCADの取得に必要な科目は、MCSD for.NETの資格要件の一部にもなっている。MCAD、さらにはMCSD for.NET取得を目指し、Windowsベースのデベロッパーとしてのスキルを高めていただきたい。

MCAD対応トレーニングコース
 新しい技術を学ぶ際、最初に解説書を読むよりも、やはり集合研修を受講するのが、取っ掛かりとしては効率がよい。マイクロソフト オフィシャル カリキュラムには、すでに.NET環境による開発を学習できるコースがあり、それらはMCAD取得に必要な試験対策にもなる。2002年11月現在では下表のとおり。最新のコース一覧はマイクロソフトのサイトを参照いただきたい。 (http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/msu/msulist.asp#programing

コース名
コース概要
#2334 Microsoft Visual Studio.NET による ASP.NET Web アプリケーションの開発
#2375 Microsoft Visual Basic .NETプログラミング
#2133 C# プログラミング
#2561 Microsoft .NET による Visual Basic.NETプログラミング
#2610 Microsoft .NET による C# プログラミング
#2654 XML と Microsoft .NET プラットフォームの技術概要
#2682 Microsoft ASP.NET アプリケ ーションの構築
コース概要のリンクをクリックすると、マイクロソフトのサイトで、コース詳細と開催スケジュールを確認できます

  なおマイクロソフト オフィシャル カリキュラムは、MS CTECと呼ばれるマイクロソフト認定技術教育センターで受講することができる。MS CTECの一覧はマイクロソフトのサイトに掲載されている。 (http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/ctec/cteclist.asp

 
@ITラーニングデスク
MCP関連記事

MCPの新資格、MCSAとは?

スキルの土台づくりに生かすMCP資格

MCPプログラムとは

Microsoft Certified Professional Program:マイクロソフト認定技術資格制度
システムエンジニア、システムインテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーなど、コンピュータや情報システム関連の技術者を対象とした、マイクロソフト製品の技術的知識に関する認定資格制度


MCP資格種類

MCP
Microsoft Certified Professional:マイクロソフト認定プロフェッショナル
マイクロソフト認定技術資格試験のいずれか1科目に合格すると認定される資格。MCP資格の第一歩となるもの


MCAD
Microsoft Certified Application Developer:マイクロソフト認定アプリケーションデベロッパー
エンタープライズソリューションの開発チームにおいて、アプリケーション、コンポーネントなど部分的なコンテンツの開発、メンテナンスを行うエンジニア向け資格


MCSD for .NET
Microsoft Certified Application Developer for Microsoft .NET:マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー Microsoft .NETバージョン
マイクロソフトの開発ツール、技術、プラットフォーム、Microsoft .NET Frameworkを使用して、最先端のエンタープライズソリューションを包括的に設計、開発を行うエンジニア向け資格


MCSA
Microsoft Certified Systems Administrator:マイクロソフト認定システムアドミニストレーター
Windows 2000およびWindows .NET Serverプラットフォームを基盤とするシステム環境とネットワークの設定変更、保守管理を行うエンジニア向け資格


MCSE
Microsoft Certified Systems Engineer:マイクロソフト認定システムエンジニア
Windows 2000 ServerやMicrosoft .NET Serverを用いて、業務に最適なシステムやコミュニケーションサービスの設計、管理、トラブルシーティングなどを行うエンジニア向け資格

MCDBA
Microsoft Certified Database Administrator:マイクロソフト認定データベースアドミニストレーター
Microsoft SQL Serverデータベースの設計、開発、導入、管理などを行うエンジニア向け資格


MCT
Microsoft Certified Trainer:マイクロソフト認定トレーナー
MS CTECにて実施されるMSUを実施するための講師向け資格


マイクロソフトのMCPプログラム関連ページ

MCPプログラム概要
試験や有効期限についての概要説明


特典/取得メリット
取得者のメリットが個条書きで紹介されている


取得ステップ
各資格の概要理解から受験までを手順を追って説明


資格取得HELPDESK
MCP資格取得希望者のさまざまな質問に回答してくれるマイクロソフト認定技術教育センターの窓口一覧

FAQ
MCPプログラムについてよくある質問と回答


MCADのFAQ
MCADについてよくある質問と回答


マイクロソフト オフィシャル カリキュラム
マイクロソフト認定のトレーニングソリューション紹介

MCP合格者の声
上位資格合格者のインタビュー記事


Copyright(c) 2000-2017 ITmedia Inc.