LPIC Level 1

問題 (2018年11月27日)

プロセスの優先度はniceコマンドで指定できるが、引数として指定するnice値でもっとも優先度が低いものを次の選択肢から選びなさい。<試験番号:101>

○ 2. 正解です!

【解説】 Linuxでは、同時に複数のプロセスを実行できます(マルチタスク機能)。これは、CPUが非常に短い時間を単位として各プロセスの処理を少しずつ実行することで実現しています。Linuxカーネルのスケジューラ機能は、どのプロセスにどのくらいのCPU時間を割り当てるかをうまく管理しています。
プロセスに対して-20〜19のnice値を指定することで、スケジューラに対してCPU時間の割り当てをどの程度優先させるかを指示できます。nice値が小さいほど優先される仕組みになっています。優先度が最も高くなるのは-20、最も低くなるのは19です。特に指定しない場合、nice値は0となります。選択肢の中で最も優先度が低くなるのは10です。
コマンド実行時にnice値を指定するにはniceコマンドを利用しますが、実行後のプロセスに対してnice値を指定するにはreniceコマンドを利用します。rootユーザーはnice値を自由に指定できますが、一般ユーザーはnice値を小さい値に変更する(優先度を高くする)ことはできません。

Copyright(C) 2010-2019 Linux Academy All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -