LPIC Level 1

問題 (2018年12月7日)

あるディレクトリでlsコマンドを実行すると、次の結果を得た。

drwxrwsrwx  root   minase   1024 Dec 16 20:28 /data/minase

このディレクトリで一般ユーザーがファイルを作成した場合、そのファイルの属性を表すものとして確実にいえるものを選びなさい。<試験番号:101>

○ 4. 正解です!

【解説】 ファイルのパーミッション欄を見ると、グループの実行権が「s」になっています。これは、ディレクトリにSGID(Set Group ID)が設定されていることが分かります。ディレクトリにSGIDが設定してあると、当該ディレクトリ内に作成されるファイルの所有グループは、そのディレクトリの所有グループと同一になります。ここでは、所有グループはminaseとなっているので、どのユーザーがファイルを作成しても、その所有グループは必ずminaseになります。ファイルの所有者は、ファイルを作成したユーザーとなります。
SGIDが実行ファイルに設定されている場合は、その実行ファイルを実行するユーザーにかかわらず、プロセスの所有グループは実行ファイルの所有グループと同じになります。
なお、SGIDが設定されていない場合は、ファイルを作成したユーザーのグループがファイルの所有グループに適用されます。また、ファイルのアクセス権はumaskの設定によるので、umask値を確認しない限り、どのようなアクセス権になるのか確実にはいえません。

Copyright(C) 2010-2019 Linux Academy All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -