LPIC Level 1

問題 (2018年12月11日)

ファイルシステム単位でバックアップを行いたい。利用すべきコマンドとして適切なものを選びなさい。<試験番号:102>

○ 1. 正解です!

【解説】 dumpコマンドを使うと、ファイルシステム単位でバックアップを行うことができます。例えば、/dev/hda1をSCSIテープドライブ/dev/st0にバックアップするには、次のようにします。
dump 0uf /dev/st0 /dev/hda1
「0」はフルバックアップを、「u」はバックアップ記録を/etc/dumpdatesファイルに記録することを、「f」はバックアップファイルの指定を意味します。dumpコマンドを使ったバックアップを元に戻すには、restoreコマンドを使います。ディレクトリ単位でバックアップするには、tarコマンドなどを使います。
debugfsはファイルシステムの修復や細かなメンテナンスを実施できるコマンドです。tcpdumpはネットワークインターフェースを流れるデータを画面上に出力するコマンドです。tune2fsはファイルシステムのさまざまなパラメータを設定したり表示したりするコマンドです。fsbkといったコマンドはありません。

Copyright(C) 2010-2019 Linux Academy All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -