経営・ビジネス用語

問題 (2018年12月3日)

「ITガバナンス」を説明する言葉として適当なものは?

○ 3. 正解です!

【解説】 「ガバナンス」は通常「統治」と訳されます。例えば「コーポレート・ガバナンス」といえば、出資者・経営者・社員などの利害関係者がそれぞれの役割と責任を明確にして、企業を統治するやり方を考えることです。

同様に考えると、「ITガバナンス」は(企業・組織が)ITを統治するやり方といえます。したがって選択肢3「企業がITを使いこなす」が最も適当です。
選択肢4「ITを中心にした企業戦略立案」も、文脈によっては適当ですが、ITありきの発想が感じられる言葉です。
2「経営者のITスキル向上」はどうでしょうか。たしかに「経営者がITの効用と限界を把握した上で経営に活かすべき」という文脈においてITガバナンスに関係しますが、それはITガバナンスの必要条件であり「ITガバナンス=経営者のITスキル向上」とは言えません。
電子政府(Electronic Government)も、何となく言葉は似ていますが、ITガバナンスを説明する言葉ではありません。

[関連リンク]
ITガバナンス (@IT情報マネジメント用語事典)

ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -