経営・ビジネス用語

問題 (2018年12月6日)

コスト・リーダーシップの説明として最もふさわしくないものは?

○ 2. 正解です!

【解説】 3「生産規模が大きくなると固定費の割合が相対的に小さくなる効果」は規模の経済、4「累積生産量が多くなると熟練などにより単位あたりのコストが下がる効果」は経験曲線と言われ、コスト・リーダーシップ戦略が前提としている考えです。規模の追求が必要なことから、典型的には相対的に大きな企業が仕掛けていく戦略(選択肢1)です。生産コストを下げることと商品の価格を下げることは必ずしも同じでなく、コスト・リーダーシップ戦略をとる企業が必ず価格破壊を起こすとは限りません(選択肢2)。現在でもコスト・リーダーシップの確立に挑んでいる企業は多くあります。

[関連リンク]
コスト・リーダーシップ (@IT情報マネジメント用語事典)

ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -