経営・ビジネス用語

問題 (2018年12月7日)

購入あるいは買い換え時に、より上位の製品・サービスの販売を目指すのが「アップセル」。アップセルの心得として適当でないものは?

○ 2. 正解です!

【解説】 2「購買額の最大化」ありきでは、顧客との長いお付き合いは望めません。顧客の購買履歴などの情報に基づき(選択肢3)、価格でなく付加価値に納得してもらえる(選択肢4)提案、言い換えれば顧客生涯価値(選択肢1)を高める提案が、結果的に上位の製品・サービスである、というのがアップセルの理想的なストーリーです。

[関連リンク]
アップセル (@IT情報マネジメント用語事典)

ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -