UMLモデリング技能認定試験 L1

問題 (2019年7月24日)

次の問題記述を表している適切なユースケース図を選びなさい。

図書の貸出機能を考えます。図書館員は図書を貸出すことができます。貸出す際には、利用者、図書、貸出日を指定します。返却を行ったり、利用者を登録したりできます。

図を見る

○ 1. 正解です!

【解説】 ユースケースのサイズは、アクターから見たとき以下の条件に適合しているものが適切と言えます。
・1つのユースケースの機能が終了したらその目的が達成される
・1つのユースケースの中で中断が発生しない

「利用者の設定」、「図書の設定」「貸出日の設定」はいずれも、「図書を貸出す」の詳細な機能です。「図書館員」の目的は「図書を貸出す」であり、これらの個々の機能が終了しても「図書を貸出す」という目的が達成できたとは言えません。

Copyright(C) 2000-2019 ogis. All right reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -