ビジネス基礎:法律・知財・債権管理編

問題 (2018年11月7日)

契約が成立して、その法的効力が発生するためには、4つの客観的有効要件が必要です。その4つの要件とは、(1)確定可能性 (2)実現可能性、(3)適法性 ともう1つは何ですか?

○ 1. 正解です!

【解説】 確定可能性とは、契約の内容が確定できるものであることです。実現可能性とは、契約を実現することができることです。適法性とは、契約の内容が法律に違反していないことです。社会的妥当性とは、契約の内容が「公序良俗」に反しないことです。

ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -