ビジネス著作権検定 本試験問題

問題 (2019年9月19日)

著作権等の侵害を受けた著作権者が取ることができる法的措置に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

○ 2. 正解です!

【解説】 差止請求権は、侵害行為を組成した物等を廃棄させることもできる権利である(112条2項)。よって、2が正解。

Copyright(C) 2011-2019 Certify Inc. All Rights Reserved.
ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -