PHP技術者認定・初級

問題 (2019年7月19日)

【予約語】

予約語ではないものを1つ次の記述の中から選択せよ。

○ 4. 正解です!

【解説】 予約語とはプログラミング言語のパーサが特別に扱う文字列でキーワードと呼ばれる事もある。予約語は関数名と定数名に利用できない特別な文字列である。文法の要素、定義済み関数、定義済み定数のように見える文字列の一部が予約語である。予約語を関数名や定数名に利用するとパースエラー(E_PARSE)が発生する。

予約語に似たものとして定義済みのクラス・関数・定数がある。これらを重複して定義しようとすると一般的なエラーである、致命的なエラー(E_ERROR)、警告エラー(E_WARNING)、通知エラー(E_NOTICE)が発生する。

古いPHPではE_ERRORを含めてエラーハンドラで処理できたので明確に区別する必要があった。現在のPHPではE_ERROR(関数の重複定義などで発生)もエラーハンドラで処理できなくなった為、明確に区別する必要性は少なくなったが、予約語は把握しておく方が良い。

If は予約語(条件文のPHPのキーワード)である。
includeは予約語(言語の定義)である。
__FILE__は予約語(コンパイル時の定数)である。
arrayは予約語(言語要素)である。

ITトレメの問題や解答、サービスに関するお問い合せはこちらまで
@IT自分戦略研究所フォーラム 新着記事
- PR -