自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |

@IT自分戦略研究所ブックシェルフ(61)
プログラミングでメシを食う

@IT自分戦略研究所 書評チーム
2008/11/4

■開発現場のリーダーへ

プログラミングで
メシを食わせろ!!

小俣光之(著)
秀和システム
2008年10月
ISBN-10:4798020974
ISBN-13:978-4798020976
1575円(税込み)

 プログラム開発現場のリーダーに向けたアドバイス集。「リーダーに任命されたら、まずはその役割を自覚するところから始めよう」とこの本の最初にある。リーダーの役割とは何か。複数の要素で構成される。「発想力」「交渉力」「決断力」「雰囲気作り」の4つの要素。これらの要素をさらに細かく見ていくと、

  • 「仕事しやすい環境作り」

  • 「外部との交渉」

  • 「率先して行動する」

  • 「決めたことは続けること」

  • 「力で押さえつけない」

  • 「敵を作らない」

  • 「スキを見せない」

  • 「情報伝達」

  • 「明るく振る舞う」

  • 「メンバーにはできない部分を持つ」

  • 「休まない」

などのアクションが列挙できる。これらは、リーダーとして指名された人が行う普通の行動だ。逆にいえば、これらの行動がほとんどできない人はリーダーに向いていないということになる。

@IT自分戦略研究所からのお知らせ
季節の変化は心身の不調を呼ぶことも。
ストレスたまっていませんか?
まずは現在の状態をチェック→→→
3分でできる「ストレスCheck」を受ける

 さらに、できれば、技術面でもある程度尊敬される必要がある。この本のターゲットはただのリーダーではない。“プログラム開発現場”のリーダーだ。情報産業における技術進化のスピードは速い。少し前の技術や考え方はほとんど役に立たない。ゆえに、継続して技術を磨き続けなければならない。具体的には、どうすればいいか。すべてに精通しなくてもよい。もともと得意だった分野に特化して、技術力の向上に励むべきだとする。

 ところで、リーダーの責務の1つにチームメンバーの育成がある。そもそもプログラマに向く性格、向かない性格というのはあるのだろうか? 実際、優秀なプログラマというのは、社会人としてきちんとした人であり、一般的なプログラマのイメージ(オタクっぽい人、マニアックな人、根暗な人、コミュニケーションが苦手な人……)とはかけ離れている。つまり、プログラマとして大成するには、周りと協調して問題の解決を導ける力=コミュニケーション力の向上が必須なのである。このことは、人として信頼されるかどうか、という人間性の問題にもつながる。(鮪)

本を読む前に
アイデンティティはオープンソースプログラマ (@IT自分戦略研究所)
下流プログラマ、IT業界を斬る (@IT自分戦略研究所)
グーグル大好きニッポンのプログラマ (@IT自分戦略研究所)


書評にあるボタンをクリックすると、オンライン書店で、その書籍を注文することができます。詳しくはクリックして表示されるページをご覧ください。

@IT自分戦略研究所ブックシェルフ バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。