ITエンジニアにちょっと便利な早業仕事術

第21回 「ファイルを保存せずに閉じてしまった!」を防止する

kizuki
2010/3/3

忙しいITエンジニアに無駄は禁物。本連載では、わずかな工夫と最小の努力で仕事をスムースにする、“小技”を紹介します。

  「変更を保存しますか?」→「いいえ(N)」ボタンを無効化する

 ファイルの編集後にウィンドウを閉じようとして「'ファイル名'への変更を保存しますか?」とダイアログが表示された際、ついうっかり「いいえ(N)」を押してしまい、それまで作業していたファイルを失った経験は誰にでもあることだろう。それまでの何十分、場合によっては何時間もの作業が、ほんのちょっとしたオペレーションミスで失われてしまうわけだ。その瞬間の絶望感は途轍もない。

アプリケーションの「閉じる」ボタン。これを押すと……
「変更を保存しますか?」と聞かれる。うっかり「いいえ(N)」ボタンを押そうものなら、前回保存してから今までの作業内容はすべてパーだ

 ファイルの変更を保存せずに閉じてしまうという悲しい事故を未然に防いでくれるありがたいソフトが、今回紹介する「ファインセーブ」だ。このソフトを常駐させておくと、前述のダイアログにおいて「いいえ(N)」ボタンが無効化される。つまり、保存せずに閉じるという選択肢そのものをダイアログからなくしてしまうことで、ファイルを保存せずにうっかり閉じることを防止してくれるのだ。

エンジニアライフ
コラムニスト募集中!
あなたも@ITでコラムを書いてみないか

自分のスキル・キャリアの棚卸し、勉強会のレポート、 プロとしてのアドバイス……書くことは無限にある!

コードもコラムも書けるエンジニアになりたい挑戦者からの応募、絶賛受付中

 初期設定状態では、無効化された「いいえ(N)」ボタンの下に「解除する」「解除しない」の選択肢が表示される。そこで「解除する」を選択した場合のみ、「いいえ(N)」ボタンが押せるようになる。つまり、確認のために一段階ステップを踏まなくてはいけなくなる。うっかりミスのほとんどは、この段階で防止できるはずだ。

 さらに、この「解除する」「解除しない」の選択肢すら非表示にすることもできる。こうなると、本ソフトを終了しない限り「いいえ(N)」ボタンを押すことはできなくなるので、ガードはさらに強固になる。もっとも、無意識のうちにそこまでガードをかいくぐってファイルを閉じてしまうようであれば、かなり疲れている証拠。医者に診てもらったほうがいいかもしれない。

「ファインセーブ」を起動させておくと、この「いいえ(N)」ボタンが無効化されて押せなくなるので、うっかりミスを未然に防ぐことができる
本当に保存しなくても問題ない場合は、「解除する」を選択することで「いいえ(N)」ボタンが押せるようになる
設定画面。下段の「以下の状況では解除メニューを表示しない」にチェックを入れておけば、先の「解除する」「解除しない」は表示されなくなり、ファインセーブそのものを終了させない限り「いいえ(N)」ボタンは押せなくなる

 なお、本ソフトはWindows XPに対応している。筆者もExcelやPhotoshop、メモ帳などいくつかのアプリケーションを使った限りでは問題なく動作したが、アプリケーションによってはうまく動作しない可能性がある。利用頻度が高いアプリケーションや、とくに重要なファイルを扱うアプリケーションでは、あらかじめ動作するか確認しておこう。

●本日のレシピ

ソフト名 作者 利用料
ファインセーブ saekit氏 無料

この記事は、誠 Biz.IDに掲載された連載「3分LifeHacking:『ファイルを保存せずにうっかり閉じてしまった!』を防止する」を再編集して掲載しています

エンジニアにちょっと便利な早業仕事術(1)  バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。