ITエンジニアにちょっと便利な早業仕事術

第26回 マウスやキーボードの操作を一時的にロックする

kizuki
2010/8/4

忙しいITエンジニアに無駄は禁物。本連載では、わずかな工夫と最小の努力で仕事をスムースにする、“小技”を紹介します。

  本日の早業仕事術:「CoolBlockInputLite」でマウスやキーボードをロック

 自宅でPCを使っていると、ちょっと目を離した隙に第三者にいたずらされることがある。第三者といっても明確な悪意を持った第三者ではなく、例えば子どもがいたずらでキーボードをバンバンと叩いたり、あるいは猫がキーボードの上を歩いたりといったレベルのものだ。作業中のファイルを開いたままの状態でこのような目に遭うと、かなり悲惨なことになってしまう。

エンジニアライフ
コラムニスト募集中!
あなたも@ITでコラムを書いてみないか

自分のスキル・キャリアの棚卸し、勉強会のレポート、 プロとしてのアドバイス……書くことは無限にある!

コードもコラムも書けるエンジニアになりたい挑戦者からの応募、絶賛受付中

 こんな場合に便利なソフトが、今回紹介する「CoolBlockInputLite」だ。このソフトを使えば、席を離れる際にPCのキーボードとマウスをロックし、一時的に使用不可にできる。Windowsのロックと異なり、画面を表示した状態を維持したまま、マウスポインタの動きを完全に止めてしまえるのがミソだ。子どもの場合、キーボードやマウスを触って画面に何らかの反応が起こると、いたずらがエスカレートすることがある。こうした場合にも大いに有効だ。

「CoolBlockInputLite」。タスクトレイに常駐する

 ロックするには、タスクトレイ上のアイコンを右クリックし、表示するメニューの中から「Block Input」を選択。カウントダウンを表示したのち、マウスとキーボードは無効化、一切の操作を受け付けなくなる。カウントダウンは0〜5秒の範囲で設定することが可能なほか、ホットキーも設定できる。

タスクトレイのメニューから「Block Input」を選ぶとロックする。キーボードとマウスは同時にロックし、どちらか一方だけのロックはできない

 いったんロックすると、キーボードおよびマウスからの入力は完全にシャットアウト。[Ctrl]+[Alt]+[Del]は受け付けるので、解除にはこれらのキーを押せばよい。猫などのペットや子どもによるいたずらはもちろん、PCの電源を入れたままマウスやキーボードを掃除するといった用途でも重宝する。物理的な破損への対策としては残念ながら効果はないが、いたずらの拡大に対しては大いに有効なソフトだ。目的に応じ、Windowsのロックとうまく使い分けてみてはいかがだろう。

●本日のレシピ

ソフト名 作者 利用料 対応OS
CoolBlockInputLite Kurichan(くりちゃん) 無料 Windows 2000/XP

この記事は、誠 Biz.IDに掲載された「3分LifeHacking:マウスやキーボードの操作を一時的にロックする」を再編集して掲載しています

エンジニアにちょっと便利な早業仕事術(1)  バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。