自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |

最新データで見る「エンジニアのキャリア事情」

第81回 前年比アップでも不満。2010年冬ボーナス平均は56万円

Tech総研
2011/1/19

第80回1 2次のページ

2010年冬のボーナス。大手企業では前年比プラスに転じているものの、個人消費を刺激するには十分とはいえない。Tech総研によるエンジニア1000人のボーナス額調査の結果はいかに。(Tech総研/リクルートの記事を再編集して掲載)

  冬のボーナス全体平均は56.2万円。
前年比7.25%のアップ

 日本経団連が2010年10月末に発表した東証1部上場大手企業の2010年冬のボーナス集計によれば、 回答企業の平均妥結額は前年比3.76%増の77万6949円で、3年ぶりに前年実績を上回った。まだら模様とはいえ、一部の業種で業績が回復していることが平均値にも反映されている。その一方で、中小企業の景況感は悪化している。9月の日銀短観では、中小製造業の業績判断指数はマイナス14。3カ月先の見通しについてはさらにマイナス幅が拡大している。こうした状況下では、たとえ足元に利益をためこんでいても、そう簡単にボーナスを弾めないというのが、経営者の心理だろう。

エンジニアライフ
コラムニスト募集中!
あなたも@ITでコラムを書いてみないか

自分のスキル・キャリアの棚卸し、勉強会のレポート、 プロとしてのアドバイス……書くことは無限にある!

コードもコラムも書けるエンジニアになりたい挑戦者からの応募、絶賛受付中

 さて、景気の足踏み、あるいはさらなる悪化も懸念される2010年末に、Tech総研がソフト系、ハード系のエンジニア各500人に聞いた冬のボーナス調査。全体の平均支給額は56.2万円(税込み)という結果が出た。回答ボードは異なるものの、2009年同期の調査結果では平均52.4万円だったから、7.25%ほどアップしており、増加幅は経団連調査を大きく上回っている。アンケートでも、2009年との比較で「増えた」とする人が49%いて、平均増加額は12万円だった。反対に「下がった」人は22%、マイナス幅の平均は11万円となっている。ちなみに、2010年夏のボーナス調査の全体平均は59.2万円だったので、これよりは3万円少ないということになる。

図1 2009年と比べて、ボーナスは増えたか

  コンサル・研究・開発など
上流工程にかかわるエンジニアが好調

 それではアンケート調査の内容を詳しく見ていくことにしよう。職種ごとの比較では、60万円以上のボーナスを手にしているのは、IT系では「コンサルタント、アナリスト、プリセールス」の74.7万円を筆頭に、「通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)」「研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか」の3職種グループ。ハード系では、「研究、特許、テクニカルマーケティングほか」がトップで63.7万円。次いで「素材、半導体素材、化成品関連」「生産技術、プロセス開発」「制御設計」が上位を占めている。

 最も低いのは、IT系では「ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)」45.9万円、ハード系では「サービスエンジニア」52.2万円となっている。IT系の場合、コンサルタントが高く、システム開発が中位に位置し、ミドルウェアやネットワークなどインフラ系は下位に甘んじるというのは例年の傾向。システム開発の工程上の上流・下流の違いがそのままボーナス額の差になっているようだ。

 最近はソーシャルゲームやeコマースの盛況で、Webテクノロジやオープンソースを使ったシステム開発が注目を集めている。調査結果では、「システム開発(Web・オープン系)」と「システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)」は同額だが、いずれも「システム開発(汎用機系)」を上回っている。Web・オープン系がシステム開発の中軸を占め、それらの技術を擁する中小システム開発企業の業績も好調であることを物語る数字といえるかもしれない。Web・オープン系やマイコン・ファームウェア・制御系は、いずれも2009年同期のボーナス額を若干ながら上回った。

 ハード系では素材、化成品、生産技術などの職種が、機械・メカトロニクス、回路設計などよりも上位に出ている。これは化学・素材業界がエレクトロニクスやメカ業界よりも構造的に高給与という事情を反映しているともいえるし、あるいは、電池・材料・エネルギーなど素材系の分野の業績が好調に転じているという見方もできる。

 職種をIT系とハード系でざっくり分けてみると、IT系が54.4万円、ハード系が58.0万円と、ハード系優位の状況は相変わらずだ。年齢別には、IT系エンジニアでは20代後半が45.8万円、30代前半が57.6万円と11万円以上の差がついている。ハード系の7万円よりもその差は大きい。

  職種 20代
後半
30代
前半
全体
IT系 コンサルタント、アナリスト、プリセールス 47.3万円 85.7万円 74.7万円
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 61.0万円 70.8万円 67.9万円
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか 47.0万円 68.2万円 64.5万円
システム開発(Web・オープン系) 45.1万円 59.4万円 56.0万円
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 40.3万円 62.0万円 56.0万円
社内情報システム 50.9万円 54.0万円 53.3万円
システム開発(汎用機系) 46.8万円 50.2万円 48.5万円
運用、監視、テクニカルサポート、保守 41.3万円 49.9万円 47.6万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発 45.5万円 47.1万円 46.6万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) - 45.9万円 45.9万円
集計 45.8万円 57.6万円 54.4万円
ハード系 研究、特許、テクニカルマーケティングほか 56.6万円 66.6万円 63.7万円
素材、半導体素材、化成品関連 77.0万円 61.8万円 63.5万円
生産技術、プロセス開発 59.1万円 63.2万円 62.0万円
制御設計 37.8万円 67.3万円 60.0万円
半導体設計 48.5万円 61.1万円 58.4万円
機械・機構設計、金型設計 51.2万円 57.1万円 55.8万円
光学技術 49.0万円 57.3万円 55.4万円
回路・システム設計 52.4万円 56.0万円 55.2万円
品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 47.0万円 57.0万円 55.2万円
セールスエンジニア、FAE 29.0万円 60.3万円 53.3万円
サービスエンジニア 46.1万円 53.9万円 52.2万円
集計 52.5万円 59.6万円 58.0万円
全体平均 48.9万円 58.6万円 56.2万円

表1 職種・年代別の2010年冬のボーナス額

  業種の景気や企業規模の違いで、
ボーナス額に差がつく

 日本の賃金構造は、実際には職種別の差よりも、企業規模や業種による差の方が大きいといわれている。ボーナス額にもその違いが強く反映される。ボーナス額は、好調、不調業種を見極める重要な指標にもなる。

 冬のボーナスを回答者の勤務先の業種別にランキングしたのが表2だ。上位は「外資系SIer(システムインテグレータ)/NIer(ネットワークインテグレータ)、コンサルファーム」「商社系総合商社・素材・医薬品ほか」「大手SIer/NIer、コンサルファーム、ベンダ」「マスコミ系」「総合電機メーカー」などとなっている。広告収入の激減や出版不況で打撃を受けているマスコミ業界が上位に顔を出しているのはやや不思議。高賃金体質はそう簡単に変わらないということかもしれない。

 下位の5つは下から「繊維・服飾雑貨・皮革製品メーカー」「技術系人材派遣企業」「流通・小売系」「商社系電気・電子・機械系」「独立系SIer/NIer、ソフトハウス、コンサルファーム」などとなっている。トップの外資系SIerと最下位のアパレル会社を比べると、実に50万円以上の開きがある。

会社業種 20代
後半
30代
前半
全体
外資系SIer/NIer、コンサルファーム 70.0万円 85.2万円 83.0万円
商社系総合商社・素材・医薬品ほか - 80.9万円 80.9万円
大手SIer/NIer、コンサルファーム、ベンダ 70.1万円 80.9万円 78.1万円
マスコミ系 - 70.0万円 70.0万円
総合電機メーカー 43.4万円 68.4万円 62.6万円
通信系 47.4万円 71.3万円 62.5万円
食料品メーカー 60.0万円 59.8万円 59.8万円
プラント・設備メーカー - 59.0万円 59.0万円
化学・石油・ガラス・セラミック・セメントメーカー 61.4万円 58.3万円 58.8万円
自動車・輸送機器メーカー 52.1万円 61.5万円 58.7万円
大手SIer/NIer、コンサルファーム、ベンダの子会社、関連会社 51.1万円 60.9万円 58.1万円
医療機器メーカー 44.0万円 61.3万円 57.8万円
鉄鋼・金属メーカー 41.7万円 60.9万円 57.7万円
家電・AV機器・ゲーム機器メーカー 49.0万円 58.7万円 57.5万円
金融・保険系 45.0万円 57.7万円 55.8万円
医薬品・化粧品メーカー - 62.4万円 54.6万円
精密機器・計測機器メーカー 62.4万円 50.2万円 53.3万円
住宅・建材・エクステリアメーカー - 52.5万円 52.5万円
専門コンサル系 - 51.6万円 51.6万円
機械関連メーカー 49.2万円 49.3万円 49.2万円
重電・産業用電気機器メーカー 47.7万円 49.7万円 48.9万円
コンピュータ・通信機器・OA機器関連メーカー 30.1万円 54.2万円 47.1万円
不動産・建設系 41.3万円 48.1万円 46.1万円
インターネット関連系 39.0万円 46.7万円 44.6万円
上記以外のソフトウェア・情報処理系 33.5万円 49.0万円 44.4万円
サービス系 49.0万円 43.2万円 44.0万円
半導体・電子・電気部品メーカー 40.1万円 45.6万円 43.8万円
独立系SIer/NIer、ソフトハウス、コンサルファーム 39.3万円 44.1万円 42.9万円
商社系電気・電子・機械系 4.0万円 47.8万円 39.0万円
流通・小売系 - 36.3万円 36.3万円
技術系人材派遣企業 27.5万円 29.6万円 28.7万円
繊維・服飾雑貨・皮革製品メーカー 30.0万円 24.5万円 26.3万円
総計 44.8万円 55.0万円 52.4万円

表2 勤務先業種別の2010年冬のボーナス額

 このランキングを見る限りは、同じシステム構築を仕事にするにしても、業種の景気や企業規模の大きさを重点に選ぶべきということにはなる。逆にいえば、ボーナスを増やしたいのであれば、業種を越えた転職が有効ということでもある。しかし、そうした業種をまたがるキャリアップ転職がそんなに簡単にいかないことは誰もが知っている。ただ、好調な業界では、人材派遣で仕事をしていた人にも、正社員として採用されるチャンスが出てきた。今後、ボーナス額増大のための転職戦略はますます重要になるだろう。

「しょうがないか」──大半はあきらめモード  

第80回1 2次のページ

● 関連記事


最新DATAで見る「エンジニアのキャリア事情」 バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。