自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |

@IT自分戦略研究所ブックシェルフ(54)
これがWebプロデューサーの仕事

@IT自分戦略研究所 書評チーム
2008/10/9

■プロジェクトの全体に配慮する

Webプロデュース
(ウェブの仕事力が
上がる標準ガイドブック 4)


ワークスコーポレーション
2007年12月
ISBN-10:4862670202
ISBN-13:978-4862670205
2980円(税込み)

 インターネットビジネスをプロデュースするためのノウハウを解説している。プロデューサー向けなので、まずは、インターネットビジネスを取り巻く環境を概観する。その後、定番となったビジネスモデルを紹介し、それらのビジネスモデルのキモとなるマーケティング戦略と集客施策などについて説明を加える。

 この本によると、インターネットのビジネスモデルは、ECビジネス、ソフトウェアビジネス、ソーシャルメディア(的性質を活用したビジネス)、モバイルビジネスの4つに分類できる。

 このいずれについても、(プロデュースする人にとっては)マーケティング戦略の知識が求められる。プロデューサーは、事業のスキームを作らなければならず、スキームができていなければ、出資者、上司、スタッフなど利害関係者の協力が得られない。事業のスキームを作るときにマーケティングの知識は大変役に立つ。

 Webサイトの企画から構築、リリース、運用に至るまでの流れについてもページを割いている。

 プロデューサーの仕事の核は、RFP(提案依頼書)をまとめ、プロジェクト計画書を作成し、正式な発注契約を結ぶまでにある。実際に制作が始まる前の段階。制作が始まったら、ガントチャートに基づいて、進行管理を行う。ただし、プロデューサーとは別に、専任のプロジェクトマネージャがいれば、制作段階の管理を任せることができるだろう。

 プロデューサーは、プロジェクトの全体に配慮する。経営的な視点に立った事業戦略からそのWebサイトを活用したマーケティング戦術の展開まで、幅広い視野でプロジェクトを育てていかなければならない。(鮪)

本を読む前に
時代の流れを読んで自分戦略に生かす (@IT自分戦略研究所)
基礎を固め、プラスアルファの専門を磨け (@IT自分戦略研究所)
上級プロジェクトマネージャになるには? (@IT自分戦略研究所)


書評にあるボタンをクリックすると、オンライン書店で、その書籍を注文することができます。詳しくはクリックして表示されるページをご覧ください。

@IT自分戦略研究所ブックシェルフ バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。