自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |

IT業界の開拓者たち

第32回 ペンコンピュータに賭けた男

脇英世
2009/3/24

第31回1 2次のページ

本連載を初めて読む人へ:先行き不透明な時代をITエンジニアとして生き抜くためには、何が必要なのでしょうか。それを学ぶ1つの手段として、わたしたちはIT業界で活躍してきた人々の偉業を知ることが有効だと考えます。本連載では、IT業界を切り開いた117人の先駆者たちの姿を紹介します。普段は触れる機会の少ないIT業界の歴史を知り、より誇りを持って仕事に取り組む一助としていただければ幸いです。(編集部)

本連載は、2002年 ソフトバンク パブリッシング(現ソフトバンク クリエイティブ)刊行の書籍『IT業界の開拓者たち』を、著者である脇英世氏の許可を得て転載しており、内容は当時のものです。

ジェリー・カプラン(Jerry Kaplan)――
元ゴーCEO、元オンセール会長

 キーボードアレルギーの人にとって、文字入力をペンで行うペンコンピュータは入力装置の1つの理想の形といえる。そのペンコンピュータの歴史を調べてみると、1人の男の名前が浮かび上がってくる。その男の名前はジェリー・カプラン。彼とペンコンピュータとのかかわりについて見ていこう。

 ペンコンピュータで有名なジェリー・カプランについては、彼自身が著した『シリコンバレー・アドベンチャー』(仁平和夫訳、日経BP刊)という本に詳しく載っている。何しろ自分で自分のことを書いた本だから分かりがよい。文章も軽快かつエキサイティングで、とても面白く読ませる本だ。この本を読んで、いままで断片的にしか知らなかったことが1本の糸につながった。並々ならぬ文才のある人だと思った。『シリコンバレー・アドベンチャー』には書いていないが、経歴を調べると、ジェリー・カプランはシカゴ大学の歴史哲学科を卒業している。文才があって当然なのかもしれない。

 ジェリー・カプランは1952年生まれで、シカゴ大学の歴史哲学科を卒業した後、一大方向転換をしてコンピュータ分野へ進み、1979年、ペンシルベニア大学大学院でコンピュータおよび情報科学で博士号を取得している。人工知能(AI)の専門家になったのである。ジェリー・カプランは1979年から1981年までスタンフォード大学の研究員を務めるが、1981年にスタンフォード大学の教授グループが作ったテクナレッジという会社の共同創設者、事業開発担当副社長を務めた。

 テクナレッジはエキスパートシステムを商品化して売る会社だった。ここでジェリー・カプランは巨大なLISPマシンを使ってプログラムをしていたが、IBM PCに同じことをやらせてみようと考えた。

 そうした試みを続けていた1984年、ジェリー・カプランはミッチ・ケイパーに出会う。2人はたちまち意気投合し、1985年から1987年、ジェリー・カプランはロータスに主任技術者として勤めることになる。もともと2人は、兄弟ではないかと間違えられるほど外見もよく似ているのである。

 ジェリー・カプランのロータスでの仕事は個人の情報を管理するデータベースであるPIM(パーソナル・インフォメーション・マネージャ)を開発することだった。ジェリー・カプランの仕事は、ロータスの本社のある東海岸のボストンではなく、サンフランシスコのロンバードストリートに面したマンションで行われた。このPIMは、ロータスからの発売に際して、ロータスアジェンダという名前になる。

 1987年2月、ジェリー・カプランは完成間近のロータスアジェンダについて最終打ち合わせをするため、ミッチ・ケイパーに会った。ジェリー・カプランはミッチ・ケイパーとともにボストン郊外からサンフランシスコへ飛ぶ(ミッチ・ケイパー専用の)ジェット機に乗った。このジェット機の中で手書き入力のペンコンピュータの構想が話し合われた。

 ベンチャーキャピタルとの出資交渉の後、ジェリー・カプランを中心として1987年8月にゴー(GO)という会社が設立される。設立時の社員はジェリー・カプラン、ロバート・カー、ケビン・ドーレンの3人である。小さな会社ではあるが、華々しい出発となった。

 設立前後にジェリー・カプランとアップルのジョン・スカリーとの接触があり、これによってアップルのナレッジ・ナビゲータの開発が加速する。

 1988年7月、マイクロソフトのビル・ゲイツに、ゴーのペンコンピュータの試作機を見せた。マイクロソフトは、出資はしなかったが、アプリケーションについてコンタクトを取ることを希望した。これによりマイクロソフトのWindows for Penすなわちペンウィンドウズの計画が発進することになる。

本連載は、2002年 ソフトバンク パブリッシング(現ソフトバンク クリエイティブ)刊行の書籍『IT業界の開拓者たち』を、著者である脇英世氏の許可を得て転載しており、内容は当時のものです。

第31回1 2次のページ


» @IT自分戦略研究所 トップページへ

IT業界の開拓者たち バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。