自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |

IT業界の開拓者たち

第35回 互換CPUで名をはせた男

脇英世
2009/3/27

第34回1 2次のページ

本連載を初めて読む人へ:先行き不透明な時代をITエンジニアとして生き抜くためには、何が必要なのでしょうか。それを学ぶ1つの手段として、わたしたちはIT業界で活躍してきた人々の偉業を知ることが有効だと考えます。本連載では、IT業界を切り開いた117人の先駆者たちの姿を紹介します。普段は触れる機会の少ないIT業界の歴史を知り、より誇りを持って仕事に取り組む一助としていただければ幸いです。(編集部)

本連載は、2002年 ソフトバンク パブリッシング(現ソフトバンク クリエイティブ)刊行の書籍『IT業界の開拓者たち』を、著者である脇英世氏の許可を得て転載しており、内容は当時のものです。

ジェリー・サンダース(Jerry Sanders)――
AMD会長兼CEO

 ジェリー・サンダースはシカゴ南部の貧民街に育った。父親は修理工だったが大酒飲みで自堕落な人であった。最初は母に、次いで祖父母に育てられた。屈折した環境で育ったために人生における目標の第1はまず金持ちになることであった。ジェリーというのはJeremiahの愛称で、聖書にあるヘブライの預言者エレミアの名前である。若き日の学歴、経歴についてはほとんど語りたがらない人である。

 ジェリー・サンダースはイリノイ大学の2年制コースを卒業すると西海岸のロサンゼルスに行った。俳優になりたくて、ハリウッドの関係者の目に留まりたいとサンタモニカの海岸で時間を過ごしていた。スターになれば金持ちになれるからである。一説によればジェリー・サンダースはイリノイ大学在学中にシカゴの路上で不良とのけんかで顎(あご)の骨と肋骨と頭蓋骨を骨折し、顔の整形をしていたため、ついに銀幕のスターにはなれなかったのだという。

 そこでジェリー・サンダースは、ダグラス航空機製造に入社して、空調設備技術者の職を得た。けれども営業ならば、会社のお金で車を乗り回せ、接待費を使って豪華なレストランでの食事にありつけると知って、セールスマンに転身した。

 モトローラを経て、1961年フェアチャイルド・セミコンダクタにセールスマンとして入社した。セールスマンには向いていたのだろう。ジェリー・サンダースはロサンゼルス事務所長に抜てきされ、続いて本社に移り、ワールドワイド・マーケティングのディレクターにまで上り詰めた。成功したジェリー・サンダースはハリウッドに大邸宅と美人の妻とキャデラックを持った。ジェリー・サンダースはフェアチャイルド・セミコンダクタ社内でロバート・ノイスに評価されていたようだ。

 1968年ロバート・ノイスとゴードン・ムーアがフェアチャイルド・セミコンダクタを辞めてインテルを設立した後も、ジェリー・サンダースはフェアチャイルド・セミコンダクタに残っていたが、新しく社長となったC・レスター・ホーガンに1年分の給料とともに解雇された。

 1969年5月1日、解雇されたジェリー・サンダースは元の同僚7人とともに資本金10万ドルで、アドバンスト・マイクロ・デバイセス(AMD)社を設立した。半導体業界の大物中の大物、ロバート・ノイスとゴードン・ムーアの設立したインテルに1年弱遅れただけで新しく半導体の会社を設立することは困難であったようだ。設立当初、AMDの本社は共同設立者の1人ジョン・ケアリーの自宅にあったが、9月にサニーベールに移転した。

 AMDは1969年11月には早くも4ビットMSIシフト・レジスタAm9300を製品として開発した。当初AMDはセカンドソース戦略を取った。セカンドソース品でなく自社開発製品が登場するのは1970年のAm2501からである。

 AMDの製品は、はじめのうちあまり売れなかったが、軍用規格MIL-STD-883を満たしていたために、次第に売り上げが伸びていった。AMDが成功し始めるとジェリー・サンダースはメルセデス・ベンツを乗り回し、派手なスーツを着こなしていった。若白髪の髪はきれいに手入れされていたという。1972年AMDは株式会社になった。

 1975年ジェリー・サンダース率いるAMDはインテルと8085のライセンス契約を結んだ。インテルの8085は、インテルからスピンオフしたグループの作ったザイログのZ80には勝てなかった。AMDは、苦境に立っていたインテルの8085のセカンドソースとなった。

 このときジェリー・サンダースはインテルからマイクロコードのコピーの権利を獲得した。この権利はAMDにとって大きな収穫だった。

 1976年のクリスマス、AMDはパロアルトのリッキーズハイアットハウスで大クリスマスパーティを開催する。豪華な景品や有名人をゲストとして招待する気前の良いクリスマスパーティやハワイでの豪勢なセールスミーティングはAMDの伝統になり、企業文化ともなった。とかく成り金的な派手さがAMDとジェリー・サンダースの特徴である。

 この当時、ジェリー・サンダースは運転手付きのロールスロイスを乗り回していた。ジェリー・サンダースは今日まで運転手付きリムジンとボディガードの費用をずっとAMDに払わせている。このころからジェリー・サンダースは取締役会を牛耳り、競争相手を追い出し、法外ともいえる高額な給料、高額なストックオプションを自分だけ獲得するようになった。会社の私物化という批判は絶えないものの、辣腕ぶりはさえ渡る。

 1979年AMDは株式をニューヨーク株式市場に上場した。

本連載は、2002年 ソフトバンク パブリッシング(現ソフトバンク クリエイティブ)刊行の書籍『IT業界の開拓者たち』を、著者である脇英世氏の許可を得て転載しており、内容は当時のものです。

第34回1 2次のページ


» @IT自分戦略研究所 トップページへ

IT業界の開拓者たち バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。