自分戦略研究所 | 自分戦略研究室 | キャリア実現研究室 | スキル創造研究室 | コミュニティ活動支援室 | エンジニアライフ | ITトレメ | 転職サーチ | 派遣Plus |

@IT自分戦略研究所ブックシェルフ(85)
茶番劇としての「就活」

@IT自分戦略研究所 書評チーム
2009/1/27

■就職活動と茶番劇

就活のバカヤロー
大沢仁、石渡嶺司(著)
光文社
2008年11月
ISBN-10:4334034810
ISBN-13:978-4334034818
861円(税込み)

 「ハッキリ言うと、就活は気持ちが悪い」(『就活のバカヤロー』、p.257)

 なぜか。この本の著者たちは、就職活動にかかわるさまざまな立場の人々の振る舞いのいちいちが不自然だからとその理由を述べる。

 学生は皆同じ色と形のスーツを着て、合同説明会に集い、「中途半端な自己分析」に基づく「イタい自己PR」をして、硬い笑みを浮かべる。キャリア教育の名の下に、学生に就職活動の実践的ノウハウを教える大学の姿勢も「気持ち悪い」し、学生にこびる企業も「気持ち悪い」。そして、就職活動でビジネスをする就職情報会社は「相当気持ちが悪い」。

 「就活」という奇妙な祭りに参加する学生、大学、企業、就職情報会社の振る舞いの歪(いびつ)さをこの本は執拗(しつよう)に記述するのである。これらの記述の根底には、「就活」の現状に対する徹底的にネガティブな感情が横たわっている。著者たちは、しかし、「就活」にかかわる人々への誹謗(ひぼう)中傷をするのが目的なのではなく、「就活」の実態をできるだけ詳細にレポートし、(就職活動とは)「皆が踊らされている悲しい茶番劇であることを訴えかけたかった」のであるとする。そのうえで、「『就活』とは、(中略)学生個々人が未来に向けて大きな一歩を踏み出す行為である」と「就活」を再定義するのである。(鰈)

本を読む前に
学歴と職業人生 (@IT自分戦略研究所)
学歴も年齢もハンデにしない (@IT自分戦略研究所)
学生諸君、「就活としての勉強会」に参加せよ (@IT自分戦略研究所)
新卒でITエンジニアは選ばない? (@IT自分戦略研究所)


書評にあるボタンをクリックすると、オンライン書店で、その書籍を注文することができます。詳しくはクリックして表示されるページをご覧ください。

@IT自分戦略研究所ブックシェルフ バックナンバー

自分戦略研究所、フォーラム化のお知らせ

@IT自分戦略研究所は2014年2月、@ITのフォーラムになりました。

現在ご覧いただいている記事は、既掲載記事をアーカイブ化したものです。新着記事は、 新しくなったトップページよりご覧ください。

これからも、@IT自分戦略研究所をよろしくお願いいたします。